タンニンとは?【ワイン用語を知ろう!】

4325
ワインの本やサイトを見ていると『タンニン』という言葉を目にすることがあると思います。

“タンニンが多い”、”タンニンが少ない”という風に使われます。

しかし一体『タンニン』とは何のことなのでしょうか。

今回はワインに含まれるタンニンについてまとめてみました!

《スポンサーリンク》

タンニンとは?

タンニン(tannin)とは、ワインに含まれる『渋み』のことです。

渋みが強いワインは”タンニンが多い”、渋みが弱くさらっとした飲み心地のワインは”タンニンが少ない”という風に使われます。

タンニンは植物に含まれるポリフェノールの総称であり、ワインだけではなくお茶や柿などにも含まれています。

タンニンを口に入れると舌に強い渋みを感じます。これはタンニンが口内のタンパク質と結合し変性する時に起こるものだと言われてます。

渋みによって舌に感じる痛みは触覚に近いものと位置づけられることもあり、『収れん味』と形容される場合もあります。

タンニンは赤ワインに多く含まれる?

タンニンは白ワインよりも赤ワインに多く含まれます。

赤ワインはブドウのタンニンを含む皮や種も一緒にして造るため、赤ワインの方が多く含まれているのです。

そして、白ワインにはタンニンが全くない訳ではなく、微量ながら含まれています。

ワインを樽の中で熟成する際に、オーク樽から出るタンニンがワインに浸透するからです。

このようにワインに含まれる “渋み”はブドウとオーク樽によって作り出されているのです。

タンニンはワインのボディを決める要素のひとつ

ワインのボディは、フルボディー、ミディアムボディー、ライトボディーの3つに区分されます。

そして、どこにそのワインが位置づけられるかの基準の一つとして、『渋み』があります。

タンニンが多く含まれ、渋みを感じるものはフルボディーに分類され、タンニンが少なくさっぱりしているものは、ミディアムボディーやライトボディーに分類されます。

さいごに

タンニンは、ワインに含まれる『渋み』のことです。

緑茶なども濃く淹れてしまうと、渋い味わいになりますよね。それと同様にワインにも渋みの加減があります。

ボジョレーヌーボーがワイン初心者でも比較的飲みやすいと言われるのは、ボジョレーヌーボーの原料であるブドウが『ガメイ種』というタンニンが少ないものであるからです。

このようにブドウの種類によってもタンニンの多い少ないがあるため、ぜひお気に入りのワインがあればそれに使われているブドウの品種もチェックしてみてくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てたなら光栄です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ