ボジョレーヌーボーの解禁日はなぜ11月の第三木曜日?

40918

11月に入るとボジョレーヌーボーの話題で賑わいます。

ボジョレーヌーボーは毎年11月の第三木曜日が解禁日とされています。

しかしなぜこの日に定められているのでしょうか。

今回はボジョレーヌーボーの解禁日のヒミツについて紹介していきます!

《スポンサーリンク》

ボジョレーヌーボーの解禁日

ボジョレーヌーボーは毎年11月の第三木曜日の午前0時が解禁日となっています。

解禁日は世界共通でこの日に定められており、この日よりも前にボジョレーヌーボーを販売することは禁止されています。

解禁日は全世界同じですが、日付変更線の関係から国によって時間にズレが生まれます。

日本は世界地図でみると東側に位置するため、世界でもいち早くボジョレーヌーボーが解禁される国になります。

つまりフランス本場より一足お先にボジョレーヌーボーを開けることができるのです。

ボジョレーヌーボーにはなぜ解禁日があるの?

ボジョレーヌーボーは、その年に収穫されたブドウの味を確認する、そしてブドウの収穫を祝う目的で始まった習慣になります。

この習慣が始まった頃は解禁日は設けられておらず、ワイン業者によって市場に出回る日はバラバラでした。

しかしボジョレーヌーボーが世界的に知名度が高まってきた頃、ワイン業者がいち早く市場にワインを出そうと競り合い、質の悪いワインも多く出回るようになりました。

そのためフランス政府は、ボジョレーヌーボーの品質や評判を落とさぬよう解禁日を設けました。

みなが一斉に同じ日に発売することで、ワイン業者たちは急がずに美味しいワインを作ることに集中することができ、結果ボジョレーヌーボーの品質が保たれるようになったのです。

《スポンサーリンク》

ボジョレーヌーボーの解禁日は11月15日だった!?

ボジョレーヌーボーの解禁日をフランス政府が制定した当初は、解禁日は11月15日でした。

しかし年によってはこの日が土日になってしまい、ワインを運ぶ運送業者などが動いてくれずワインが届く日が遅れてしまう場合もありました。

そのため、11月の第三木曜日と解禁日を変更することになったそうです。

さいごに

ボジョレーヌーボーの解禁日の背景には、フランスのワイン業者たちの動向が大きく関係していました。

しかし政府が出てくるということは、それほどフランスにとってワイン産業は大きな市場なのでしょう。

このサイトでは、ボジョレーヌーボーの種類毎年の評価美味しく保存できる保管方法などについても紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ