ボジョレーヌーボーの賞味期限と保存方法について

4039

ボジョレーヌーボーが解禁して、早速買いに行ったけれどすぐに飲まないという場合もありますよね。

人が集まった時に出そうと思いずっと保管している人もいると思います。

しかしボジョレーヌーボーの賞味期限はいつなのでしょうか。

そこで今回はボジョレーヌーボーの賞味期限について調べてみました!

《スポンサーリンク》

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?

ボジョレーヌーボーを美味しく飲むことができる期間はだいたい2〜3ヶ月だと言われています。

タンニン(渋み)が少なくフルーティーな味わいのボジョレーヌーボーは、一般的なワインと製法が異なるため早めに飲みきってしまうのが良いとされています。

ワインはじっくりと寝かせておいた方が美味しくなると言われていますが、ボジョレーヌーボーはその限りではありません。

ボジョレーヌーボーには『ガメイ種』という品種のブドウが使われており、熟成を待たずに飲む方が美味しいとされているものです。

ボジョレーヌーボーを最高の状態で楽しむためにも、なるべく早めに栓を開けることをオススメします。

ボジョレーヌーボーのベストな保管方法は?

ボジョレーヌーボーを買ってきてもすぐに飲まないという方は、なるべく美味しい状態をキープできるよう正しい方法で保管しましょう。

ボジョレーヌーボーを含めワインを保管する際は以下の点に気をつけましょう。

・温度は13〜15度
・湿度は70%前後
・直射日光を避ける

自宅で保管する場合は、冷蔵庫の野菜室に寝かせて入れると良いでしょう。

寝かせておくことでコルクが乾燥して収縮し、酸素が外から入るのを防ぐことができます。

また、ボトルを新聞紙で包んで入れておくのも一つの手です。

ワインは光を受けると酸化が進んでしまいます。野菜室は冷蔵庫の中でも光が少ないところですが、新聞紙で包むことでしっかりと光を遮ることができます。

《スポンサーリンク》

一度開けてしまったボジョレーヌーボーはどうすれば良い?

一度開封してしまったボジョレーヌーボーは、小瓶に移して冷蔵庫で保管しましょう。

そうすることで数日から1週間程度保管することができます。

ハーフのワインボトルやペットボトルなどを利用して、移し替えましょう。

ワインを酸素に触れさせないことが大切なので、移し替える容器のギリギリいっぱいまで注ぎましょう。

それでも飲みきれなかったものは、料理酒として利用したり、ホットワインとして活用しましょう。

さいごに

ボジョレーヌーボーは、ブドウの収穫を祝い、その年のブドウの味を確かめるために作られるワインです。

せっかくのボジョレーヌーボーもベストな状態で味わいたいですよね。

そのために賞味期限や保管方法などもしっかり守って、保存してあげてください。

この記事によって、みなさんが美味しい状態でボジョレーヌーボーを味わえたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ