ボジョレーヌーボーはまずいよね?という方意外と多いですww

4955

ボジョレーヌーボーが解禁されるとお祭り騒ぎのようにニュースになります。

しかしいざボジョレーヌーボーを買ってみたものの…

『ま、ま、まずいーーー!!!』とショックを受ける人も多いようです。

そこで今回はボジョレーヌーボーの味についてまとめてみました!

《スポンサーリンク》

ボジョレーヌーボーはまずい!?

ボジョレーヌーボーとは、その年に収穫されたブドウの出来を確認するために造られるワインです。

夏の終わりに収穫されたブドウは、同年の11月にワインという形にして、ブドウ生産者やワイン業者たちによって品定めされます。

その際に造られるワインがボジョレーヌーボーになります。

つまりボジョレーヌーボーは品評のために製造されたワインであり、”美味しいワイン”を目指したワインではないのです。

ボジョレーヌーボーの味

ボジョレーヌーボーの味は、タンニン(渋み)が少なくフルーティーな味わいが特徴です。

さっぱりしているので、ワイン初心者の人にも飲みやすいものとして認知されています。

しかし、ボジョレーヌーボーは一般的なワインとは違い、ブドウを潰さずにそのまま発酵させる『マセラシオン店カルボニック醸造法』という製法で造られています。

そのため、『ボジョレーヌーボーは独特な味がする』と感じる人も多いようです。

フランスではボジョレーヌーボーは不人気?

ボジョレーヌーボーの本場であるフランスでも解禁日は盛り上がります。

しかし味に関しては『若いワインだし、あまり好きじゃないかな〜』というのがフランス人の本音のようです。

日本ではスーパーに並んでまで買いに行く人もいますが、フランスでは1本300円くらいのテーブルワインという位置付けのようです。

つまり学生たちがパーティー用にガブガブ飲むために買う程度のワインという認識のようです。

《スポンサーリンク》

日本とボジョレーヌーボーの関係

日本のボジョレーヌーボーの輸入量は世界第一位になります。

フランスから輸出されるボジョレーヌーボーのうち日本の輸入量は40%を占めています。

イギリスの調査会社IWSR社によると日本人一人当たりの年間ワイン消費量は2.4リットルだそうです。

一方ヨーロッパの国々では一人あたり20〜50リットル消費します。

つまりヨーロッパの人たちは、日本人の10〜25倍ワインを飲んでいる計算になります。

しかしそのような国々でもボジョレーヌーボーの輸入量の割合は数%に過ぎません。

日本人はワインが好きなのではなく、ボジョレーヌーボーというイベントが好きなのかもしれません。

さいごに

ボジョレーヌーボーは品定めのために製造されるワインであるため、フランスで販売されているボジョレーヌーボーの中には”飲むに値しないもの”も多くあるようです。

1本300円くらいのボジョレーヌーボーが、日本では2000円ほどで売られています。

ボジョレーヌーボーに2000円払う価値があるかどうかは、ぜひみなさんの舌で確かめてみてくださいね。

このサイトでは、ボジョレーヌーボーの種類保存方法毎年の評価などについても紹介していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ