ボジョレーヌーボーとはフランスで造られる新酒の赤ワインのこと。

01944

毎年11月になると、ボジョレーヌーボーの解禁が話題になります。

ボジョレヌーボー欲しさに店頭に人が押し寄せているニュースを見たことがあると思います。

しかしボジョレーヌーボーとは何なのでしょうか。

そこで今回はボジョレヌーボーについてまとめてみました。

《スポンサーリンク》

ボジョレーヌーボーとは?

ボジョレーヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方で造られる新酒の赤ワインのことです。

『ボジョレー』はブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区のことで、『ヌーボー』とはフランス語で”新しい”という意味になります。

ボジョレーヌーボーは、その年のブドウの味が良質かどうかを確認するために作られるワインです。

夏の終わりに収穫したブドウをすぐさまワインに仕上げ、ブドウの味を確かめます。

そのため毎年ボジョレーヌーボーは味が異なり、その年でしか味わうことのできないワインになります。

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

ボジョーレーヌーボーの解禁日は、毎年11月の第三木曜日の午後0時と定められています。

ボジョレーヌーボーの習慣が始まった頃は、解禁日はありませんでした。

しかし世界的にボジョレーヌーボーが認知され始めた頃、ワイン業者たちがいち早く市場へボジョレーヌーボーを卸そうとせめぎ合い、結果質の悪いワインが多く出回ることとなりました。

そのためフランス政府が、ボジョレーヌーボーの評判を落とさぬよう、品質を保つよう解禁日を設けました。

現在でも解禁日までの間はボジョレーヌーボーを飲むことも、販売することも禁止しています。

ちなみに日付変更線の関係で、日本は本場フランスより一足先にボジョレーヌーボーを楽しむことができるようです。

《スポンサーリンク》

ボジョレーヌーボーの味は?

ボジョレーヌーボーはガメイ種というブドウを使用しているため、タンニン(渋み)が少なくフルーティーな味わいになります。

サラッとした飲み心地なため、ワイン初心者の人にとっても飲みやすいワインと言われています。

ボジョレーヌーボーは一般的なワインと違い、ブドウを潰さずにそのまま発酵させる『マセラシオン店カルボニック醸造法』という製法で造られています。

そのため風味なども他のワインと異なるため、『不味いーー』と感じる人もいるようです。

ボジョレーヌーボーの風味は『キャンディー香』と呼ばれ、キャンディーのように甘い香りと表現されます。

人によって好みは分かれますが、ボジョレーヌーボーを飲んだことがない人はぜひチャレンジしてみてくださいね。

さいごに

ワインは”香りを楽しみながら少しづつ飲むお酒”というイメージがあると思います。

しかし、ボジョレーヌーボーはしっかり冷やしたものをガンガン飲むタイプのワインになります。

ボジョレーヌーボーはブドウの味を確かめると共にブドウの収穫を祝うものでもあるため、祝いのお酒でもあります。

ぜひみなさんもボジョレーヌーボーが解禁したら、お食事のお供に添えてみてくださいね。

このサイトでは、ボジョレーヌーボーの種類美味しいまま保存できる保管方法毎年の評価なども紹介していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ