鹿とトナカイの違いについてまとめてみました!

te09

クリスマスにサンタさんを乗せてやってくるトナカイさん。

でもトナカイと鹿は似てるけれど、何が違うのでしょうか。

そこで今回は鹿とトナカイの違いについてまとめてみました!

《スポンサーリンク》

鹿とトナカイの違い【生物学的な分類】

鹿はシカ科に分類される全ての動物の総称になります。

アカシカ、トナカイ、ニホンジカなどシカ科に含まれるもの全てが『鹿』です。

日本では奈良にいるニホンジカなどが有名ですが、それも鹿の一つです。

一方、トナカイはシカ科トナカイ属に分類される鹿のことを指します。

つまり、鹿の中でもトナカイ科というくくりにも入っているものがトナカイになるのです。

両者の違いをまとめると、鹿は一般的なシカ科の動物の総称であり、トナカイは鹿の種類の中のひとつということです。

鹿とトナカイの違い【身体的な違い】

鹿は基本的にオスのみ角が生えます。

オス同士が縄張り争いやメスを奪い合う際に、角を使って力比べをするため、オスだけに生えていると言われています。

しかし、トナカイは鹿の中でも例外的にメスも角が生えます。

トナカイはオス同士の力比べだけでなく、角を使って雪を掘って餌を探すために、メスも角が生えているようです。

つまり、一般的な鹿とトナカイの違いは、メスに角が生えるかどうかという点になります。

【鹿の動画】

この動画では、奈良にいるニホンジカを見ることができます。

角が生えているものと、そうでない鹿がいるのがわかると思います。

【トナカイの動画】

この動画では、北欧のトナカイたちを見ることができます。

すべて角が生えているのがわかると思います。

《スポンサーリンク》

まとめ

鹿とトナカイの違いは、生物学的なくくりの違い、そして身体的な違いがあることがわかりました。

生物学的な分類では、鹿はシカ科のすべてを総称したものであるのに対して、トナカイはシカ科の中のトナカイ属に属しているもののことを指します。

また、身体的な特徴としては、シカ科の中でトナカイだけ唯一メスにも角が生えるという特徴があります。

一見するとトナカイも他の鹿たちと同じように感じますが、実は角に違いがありました。

みなさんもぜひ、鹿とトナカイの動画をみて、両者の違いを確認してみてくださいね。

この記事がみなさんの疑問を解消できたなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ