七五三のお金の封筒の書き方【兄弟で祈祷を受ける場合】

5409

ご家族の中には、七五三を兄弟で同時期に迎えるケースもあると思います。

その場合、初穂料(神社へ献上するお金)の封筒にはどのように記載すれば良いのでしょうか。

今回は兄弟が一緒に祈祷を受ける際の封筒の書き方について紹介していきます!

《スポンサーリンク》

七五三のお金(初穂料)は兄弟一緒の場合いくら?

七五三として神社で祈祷してもらう場合、初穂料を献上します。

これは『ここまで子供たちを大きくしていただいた感謝の気持ち』を神様へ形として伝えるためです。

初穂料は自身の気持ち次第であると言われていますが、一般的には一人あたり5000円〜1万円が相場となっています。

しかし神社によっては『一人5,000円、二人8,000円、三人10,000円』という風に初穂料の金額が決められている場合もあります。

そのため七五三へ行かれる予定の神社のホームページや電話で問い合わせをして初穂料を事前に確認しておくことが大切です。

【のし袋の書き方】兄弟で祈祷を受ける場合

兄弟で一緒に祈祷を受ける場合は、2パターンの包み方があります。

1:一人づつそれぞれお金を包む

基本的には一人につき一つ包みを用意すると良いと言われています。

つまり二人分祈祷をお願いする場合は二包み用意するということです。

2:二人で一つの包みに入れる

二人でまとめて一つの包みに入れても問題はありません。

神社によっては、初穂料が兄弟価格となっている場合もあるため、その際は一つの包みでまとめましょう。

そして二人で一つの包みを献上する場合は、必ず下記のように名前を連名で記入しましょう。

※連名で書く場合は、名字は1つにして、下の名前だけ連名で記入するようにしましょう。

4309

兄弟で一つの包みを使う場合の中袋の書き方

409

兄弟で一つの包みを使う場合は、中袋にも名前を記入することを忘れてはいけません。

中袋の裏側に祈祷を受ける子供の名前を必ず連名で記入しましょう。

《スポンサーリンク》

さいごに

このサイトでは七五三に関する様々な情報を提供しています。

・七五三のお金(初穂料)はいくら支払うべきか

・初穂料として納めるお金は新札にすべきかどうか

・初穂料を包むのし袋の正しい書き方について

・のし袋の正しい選び方や包み方について

・七五三の参拝時期について

ぜひこれらの情報も合わせて参考にしてみてくださいね。

この記事がご兄弟のいる親御さんのお役に立てたなら光栄です。

最後まで御読みいただき、ありがとうございました^^

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ