七五三のお金【封筒の書き方について】

654

七五三で神社へ参拝する場合、初穂料(はつほりょう)としてお金を献上します。

神社によってお金の渡し方が異なることもありますが、基本的には封筒(のし袋)に入れてお渡しします。

そこで今回は七五三で使うのし袋の書き方について紹介していきます!

《スポンサーリンク》

七五三のお金(初穂料)は何に包む?

御祝用 のし袋 ノ-Z110/マルアイ/祝儀袋・のし袋/税抜1900円以上送料無料御祝用 のし袋 ノ-Z110...

【楽天市場】御祝用 のし袋
価格:104円(税込、送料別)

 

神社にお渡しするお金は、お祝い用の『のし袋』に包んで献上します。

のし袋にも様々な種類がありますが、この画像のように水引き(蝶々結び)と呼ばれる種類のものを選びましょう。

水引(蝶々結びの紐)の色は、赤と白が基本ですが、赤と銀、赤と金などもあります。

どれを使っても問題ありませんが、スタンダードな赤と白のものが良いでしょう。

また、七五三は祝い事なので、のし(蝶々結びの右上の飾り)がついたタイプを選びましょう。

※のし袋選び方や包み方などはこちらの記事でより詳しく紹介していますので、そちらを参照ください。

七五三の封筒(のし袋の書き方)

222

【使用するペン】

筆ペンや万年筆が好ましいでしょう。

ボールペンでも構いませんが、できれば避けた方が良いでしょう。

【書き方】

水引(蝶々結びの紐)の上側中央に『初穂料』または『御初穂料』と書きます。

そして、下側に祈祷を受ける子供の名前をフルネームで書きましょう。

※『初穂料』と書くところを『玉串料』と書いても問題ありません。

【中袋の書き方】

5345

のし袋に包む前に中袋という白い袋にお金を包みます。

中袋の表面に入れたお金の金額を大字を使って書きます。

そして裏面に住所と祈祷を受けるお子さんのお名前を書きます。

※大字とは万を萬と書くように数字が書き換えられるのを防止するための漢字であり、戸籍や領収書などに使われるものです。

※大字一覧:壱(一)、弐(二)、参(三)、四、伍(五)、六、七、八、九、拾(十)、阡(千)、萬(万)

《スポンサーリンク》

さいごに

このサイトでは、そのほかにも七五三に関する情報を提供しています。

・初穂料(お参りのお金)はいくら払うべきなのか

・初穂料は新札にするべきか

・初穂料の包み方や中袋の包み方

・七五三のお参りの日程

などについて詳しく紹介していますので、ぜひこちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

この記事がみなさんのお役に立てたなら光栄です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

《スポンサーリンク》

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ